鬼怒川温泉 静寂とまごころの宿 七重八重 宿泊記

旅館

鬼怒川温泉 静寂とまごころの宿 七重八重

はじめに

今回は日光・鬼怒川温泉にある旅館「静寂とまごころの宿 七重八重」を紹介したいと思います
鬼怒川の渓谷沿いにある宿で、フロントロビーやお部屋からは鬼怒川の景色を望めます
宿の名前に「まごころ」とあるように接客がとても良い宿とのこと!
落ち着いた大人の旅行にもぴったりですね!
今回は宿の雰囲気やお食事内容などをご紹介していきます

こちらのホテルは、管理人の視点から
ラグジュアリーホテル
シティホテル(ハイクラス)
シティホテル(ミドルクラス)
リゾートホテル
旅館
ビジネスホテル
に該当します

アクセス

宿の最寄り駅は東武鬼怒川線の鬼怒川温泉駅となります
鬼怒川温泉駅までは東武浅草駅・JR新宿駅から特急で約120分です

東武特急スペーシアきぬがわ

鬼怒川温泉行きの特急電車を使えば乗り換えなしでラクラクです!

鬼怒川温泉駅からは徒歩約5分の場所に宿があります
駅近なので車を使わないでも行けるのは嬉しいですね!
駅前から北に少し歩きます

銀行近くの細い道を左に曲がると宿にたどり着けます

七重八重 正面

車で訪れるとスタッフの方が車を駐車場まで移動してくれますUFO
荷物を降ろしたらフロントに向かいます

チェックイン

チェックインは15時からだったので、早速フロントにて手続きをします

広々としたフロントロビーで他のお客様はまだいらっしゃいませんでした

チェックイン後はウェルカムドリンクとして冷たいお茶をいただきました
コースターも七重八重オリジナルで素敵です!

鬼怒川温泉 七重八重 ~楽天トラベル~

お部屋

本日のお部屋は川側和室12畳タイプ
鬼怒川が望めるスタンダードなお部屋でした

4名くらいまででしたら広々と利用できそうです!

窓からは西側の山々の景色と鬼怒川の渓谷を望めます

温泉

夕食の時間まで時間があるので先に入浴することにしました!
大浴場は、静寂と安らぎ・石をテーマにしているそう

鬼怒川温泉はアルカリ性単純温泉なので、癖がなく優しい温泉です♨️
自家源泉では無さそうですので、おそらく日光市の共用源泉ですかね?
共用源泉は鬼怒川温泉の北側にあるモウキ山から引かれている場合が多いようです

画像引用:温泉 / 鬼怒川温泉 旅館 七重八重 https://www.7e8e.jp/spa/

綺麗な大浴場で、露天風呂は数年前に新設されたそうです
露天風呂は鬼怒川の渓谷を望め、自然の音を楽しみながら入浴できます!
温度は熱すぎずぬるすぎずでした!
男女入れ替え作業の時間帯以外は、夜通しで入浴ができます

湯上りどころでは美味しい鬼怒川の天然水が飲めました!

夕食

夕食は個室のお食事処で会席料理です割り箸
お鍋を中心とした日本料理コースで、栃木県産の食材が満載です鍋

日光湯波巻サラダ・岩魚の刺身・とちぎゆめポークのしゃぶしゃぶなど

今回は別注で、とちぎ和牛ステーキ・鹿刺しも頼みました

食事を楽しんでいると、七重八重の女将様が挨拶にいらしてくださいました!
なんと差し入れにオリジナルラベルの日本酒をいただきました日本酒

朝食

翌日はお食事処「松風」にて朝食ですおにぎり

朝食も日光名産の湯波を中心に、刺身こんにゃくや岩魚の一夜干しなど体に優しい食事です!
白米とみそ汁はお代わりも出来るので、たくさん食べる人も安心です(笑)

まとめ

夜のフロントロビー

大きくはない宿だけど、スタッフの方のおもてなしがとても丁寧な宿でした!
女将様をはじめ、スタッフの皆様が細かな気遣いを大切にしているまごころの旅館です
鬼怒川温泉駅から徒歩で行けるので、アクセスもしやすいです
お風呂も快適に入浴ができ、時間も気にしなくてよいのでゆったりと楽しめました
食事も地元の食材を中心に使っているので、栃木県を存分に味わうことができます
紅葉のシーズンにまた訪れたいですね!

お世話になりました

今回の宿泊費:大人1人あたり\15,400

▼この宿のご予約はこちらから

鬼怒川温泉 七重八重 ~楽天トラベル~

 

鬼怒川温泉 静寂とまごころの宿 七重八重 詳細

住所    / 栃木県日光市鬼怒川温泉大原1060
アクセス  / 東武鬼怒川線 鬼怒川温泉駅から徒歩約5分
駐車場   / 有り (無料)
in・out   / チェックイン 15:00~、チェックアウト ~10:00 ※プランによっては時間が異なります
お部屋   / 全室無線LAN対応・全室禁煙
温泉    / アルカリ性単純温泉(加水・加温・循環ろ過)・15時~10時入浴可
TEL     / 0288-77-2222 ※感染症の影響で館内施設の営業時間が変更になっている場合がございます
公式サイト / https://www.7e8e.jp/

コメント